« September 4, 2011 - September 10, 2011 | Main | September 25, 2011 - October 1, 2011 »

September 24, 2011

新日本フィル 音楽夜会“指環伝説”

アルミンク指揮新日本フィルのサントリー定期を聴いてきた。
久しぶりのサントリーホール、客の入りは8割くらいか。

前半はベートーヴェン交響曲第1番。
ティンパニーが小さめだったけど古楽器?
テンポは思ったほど速くなく、オーソドックスな演奏。
木管の音色が気持ちよくて、
もう少しで眠りに入るところだった。

メインのワーグナーは、
上演するのに4日間かかる楽劇「ニーベルングの指環」を
1時間の管弦楽に編曲したという珍しい曲。
歌が無いのでさみしいが、
集約されたワーグナーラサウンドは聴き応え十分。

指環を聴きなれていない人でも楽しめるが、
聴き込んでライトモチーフが理解できる人なら
もっと楽しめるだろう。
同伴した長女と妻は前者。
でも事前にこの編曲版を聴きながら
指環のどの場面かをレクチャーしておいたので
ストーリー性も理解でき、
迫力あるオーケストラサウンドを十分に堪能したようだ。

最初のホルンのキズに引きずられて
ホルン全体のアンサンブルが乱れたのは残念だったが、
全体としてはバランスの取れた見事な演奏だったといえる。

●新日本フィルハーモニー交響楽団 #483 定期演奏会
 音楽夜会“指環伝説”。
 ワーグナー・サウンドが誘う、闇のファンタジー
 '11.9.15 サントリーホール 2階Cブロック4-17

指揮:クリスティアン・アルミンク

ベートーヴェン/交響曲第1番ハ長調
(休憩)
ワーグナー作曲(ヘンク・デ・フリーヘル編)/
『ニーベルングの指環』~オーケストラル・アドヴェンチャー

| | Comments (202)

« September 4, 2011 - September 10, 2011 | Main | September 25, 2011 - October 1, 2011 »