« September 2011 | Main

October 18, 2011

猿の惑星:創世記(R.ワイアット監督)

Cm_20111004_01

ルパート・ワイアット監督の「猿の惑星:創世記」を見てきた。

ウィル(ジェームズ・フランコ)はアルツハイマーの特効薬を開発している。
動物実験で、あるチンパンジー(アンディ・サーキス)が、
驚異的な知能を持つようになった。
その雌チンパンジーの子どもを"シーザー"と名付けたウィルは
自宅で父(ジョン・リスゴー)、恋人のキャロライン(フリーダ・ピント)と
家族のように暮らす。

シーザーは次第に知能も感情も成長していく。
しかしある日、隣人とトラブルを起こし、
保護施設に入れられてしまう。
他のサルたちと一緒に暮らすようになって
飼育員からの虐待や、猿たちとの仲間同士の争いも経験する。

シーザーは、迎えに来ないウィルを恨むようになり
人間への絶望や敵対心を募らせていく。
そして、他の猿たちにも特効薬を与え
保護施設を脱走すると、人間に反旗を翻す・・・

よくできた脚本だ。
特に気に入ったのは、主人公の隣に住むパイロットが、
シーザーと対立するように描かれている部分。
パイロットであるが故に人類を破滅に向かわせてしまう・・・
このあたりをエンドロールでの予告編?と
その後のタイトルバックが暗示する。

おすすめの1本。

★★★★★

| | Comments (119)

October 09, 2011

モテキ(大根仁監督)

003

映画「モテキ」を見てきた。

藤本幸世(森山未來)は31歳の独身で、
これといった取り柄があるわけでもない。
ところが転職したとたんにモテキが到来する。
ツィッターで知り合ったみゆき(長澤まさみ)とトントン拍子で親しくなり、
彼女の友人るみ子(麻生久美子)とも二人きりで会う仲に。
さらには、バーの若いあい(仲里依紗)とも一夜を過ごしてしまう。

大本命はみゆきなのだが、
彼女には妻子のある男性と同棲していたことを知ってしまい、
動揺する幸世は、彼を慕うるみ子と関係を持ってしまう・・・

長澤まさみの桁外れのスタイルの良さと愛くるしい笑顔に魅せられた。
でも、ボブの麻生久美子もかわいい。
真性Sともいえる上司のもと子(真木よう子)もいい味出している。
リリー・フランキーのエロおやじぶりも堂に入って、笑わせてくれた。

★★★★

| | Comments (214)

« September 2011 | Main