« インディ・ジョーンズ /クリスタル・スカルの王国(S・スピルバーグ監督) | Main | 佐渡裕「ヤング・ピープルズ・コンサート」 »

August 10, 2008

東京島/桐野夏生

M0356133101


桐野夏生の「東京島」を読んだ。

クルーザーで世界一周旅行の最中に遭難し、
無人島に漂着した一組の夫婦、隆と清子。
3カ月後には、与論島のきついバイトから脱出した
若い日本人男性約20人、
さらに3年後には、密航中に放り出された
中国人男性約10人が漂着し、
何もない小さな島で生を共にすることになった。

島はトウキョウジマと名づけられた。
日本人の若者たちは群れはじめ、
ブクロ、ジュク、シブヤと名付けた集落を形成していくのに対し、
中国人たちはホンコンと呼ばれる地域で共同生活をする・・・

無人島での自給自足生活、
しかも女性が一人だけという極限状態で、
人間が生き延びるためにはどんな行動をとるのか。
大変興味深い設定ではあるが、
だいたい予想どおりの展開となっている。
ところが著者が準備したエンディングは
予想をはるかに超えていた。

漂流者たちの運命は大きく二つの方向に。
一方では人類が進化してきた過程そのままに、
新たな自治区、小さな国ができ、
もう一方は、うーん、これはどうなんだろう、
驚きの展開だけど嫌いじゃない。

評価:★★★★☆

|

« インディ・ジョーンズ /クリスタル・スカルの王国(S・スピルバーグ監督) | Main | 佐渡裕「ヤング・ピープルズ・コンサート」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京島/桐野夏生:

« インディ・ジョーンズ /クリスタル・スカルの王国(S・スピルバーグ監督) | Main | 佐渡裕「ヤング・ピープルズ・コンサート」 »