« 手紙(生野慈朗監督) | Main | 優しい子よ/大崎善生 »

December 04, 2006

プラダを着た悪魔(デビッド・フランケル監督)

1001260_03


週末に「プラダを着た悪魔」を見てきた。

一流大学を卒業したアンディの夢はジャーナリストになること。
しかし彼女が就いたのは、NY超一流ファッション誌の編集長アシスタント。
多くの女性が憧れるポストなのだが
ファッションにあまり関心のないアンディには
ジャーナリストになるためのステップにすぎない。
ところがこの仕事、生易しいものではなかった。
カリスマ編集長のミランダの厳しいことといったら・・・
まさに「プラダを着た悪魔」だった。

ストーリーは気に入らないが、
後味は悪くない。
まあ、ファッションを見るだけでも
一見の価値はある。
ワタシは2人の男性、
ナイジェル役のスタンリー・トゥッチと、
そアンディがパリで一夜を共にする
著名エッセイスト役サイモン・ベイカー
ファッションに一番関心を持った。

主役のアンディ役アン・ハサウェイ
かわいいけど、正直いって、この手のくちびると目は苦手。
オスカー女優、メリル・ストリープはさすがの堂々たる演技。
嫌われる編集長役が、ぴったりとはまっていた。

というわけで、評価は★★★★

|

« 手紙(生野慈朗監督) | Main | 優しい子よ/大崎善生 »

Comments

若いスタッフに薦められて見てきました。

私はナイジェルの大人の魅力にほれぼれ
しました。

アンディの大きな口に、食べられてしまいそうな
恐怖感を覚えました。

けれど 帰り道は颯爽と歩きたくなるような
いい映画でした。

Posted by: じゅぴ | December 13, 2006 11:42 PM

じゅぴさん

ナイジェル役のスタンリー・トゥッチ、
存在感のある助演でしたね。
ファッションセンスも抜群でした。


Posted by: るうかす | December 16, 2006 06:23 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プラダを着た悪魔(デビッド・フランケル監督):

« 手紙(生野慈朗監督) | Main | 優しい子よ/大崎善生 »