« ジャン=ギアン・ケラス&野平一郎 | Main | パターゴルフ大会 »

October 29, 2005

木曽川音楽祭「宮川彬良&アンサンブル・ベガ」

vega

各務原市が毎年開催している木曽川音楽祭。
今年は、昨年に続いて「宮川彬良&アンサンブル・ベガ」公演が行われた。

宮川彬良といってもピンとこないかもしれないが、
あの「マツケンサンバII」の作曲家。
最近はNHK教育テレビで放送されている「クィンテット」の
アキラさん役でもお馴染みらしい(私は見たことない)。
クラシックの名曲と絶妙のトークで、
だれでも楽しめるステージを見せてくれる。
昨年、予想以上に楽しかったので、今年も期待したが、
ちょっと外したかな。

トークが楽しいのはいいが長すぎる。
もっと曲を聴かせてほしい。
そして何よりも今日は、アンサンブル・ベガの出来が良くなかった。
安定していたのは、さすがの鈴木さんと馬渕さん。
ヴァイオリンの2人はどうなんだろう、
もっとしっかり演奏してほしい。

宮川さんが作った曲を歌った合唱団は、
予想以上の出来だったと思う。
本心は、合唱団なしで、
もっとベガの演奏を聴きたいが、
地域に密着した「木曽川音楽祭」を名乗っている限りは
こうした市民との共演はかかせないんだろうな。

余談だが、楽屋でビオラの馬渕昌子さんと
2ショットの写真を撮った。
ふふ、宝物にしよう

●木曽川音楽祭2005「宮川彬良&アンサンブル・ベガ」
 〜音の翼で飛び上がれ!〜
'05.10.29 各務原市民会館
出演:宮川彬良&アンサンブル・ベガ
   辻井淳、日比浩一(vn)、馬渕昌子(va)、近藤浩志(vc)、新真二(cb)、
   鈴木豊人(cl)、星野則雄(fg)、池田重一(hrn)、宮川彬良(pf)
構成・台本:響 敏也
特別出演:木曽川音楽祭2005市民合唱団

デーレ/すみれの花咲く部屋
ブラームス/ハンガリー舞曲第5番
ドヴォルザーク/ユーモレスク
ヴェルディ/歌劇「リゴレット」より“女心の歌”
プッチーニ/歌劇「蝶々夫人」より“ある晴れた日に”
ワーグナー/ワルキューレの騎行
ホルスト/組曲「惑星」より“ジュピター”
宮川彬良/空のわすれもの(初演)
宮川彬良/クィンテット
(休憩)
宮川彬良/木曽川讃歌「川は手紙を書いている」
ポンセ/エストレリータ
エルガー/威風堂々
宮川彬良/マツケンサンバII
(アンコール)
宮川彬良/木曽川讃歌「川は手紙を書いている」
デーレ/すみれの花咲く部屋

|

« ジャン=ギアン・ケラス&野平一郎 | Main | パターゴルフ大会 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 木曽川音楽祭「宮川彬良&アンサンブル・ベガ」:

« ジャン=ギアン・ケラス&野平一郎 | Main | パターゴルフ大会 »