« やめられない、とまらない「茹で落花生」 | Main | ドラファンにあるまじき・・・ »

September 29, 2004

1,500円は高いかも「グッゲンハイム美術館展」

gh01.JPG

ニューヨークに行ったのはもう10年以上前のこと。
このとき、グッゲンハイム美術館は改装中で閉館。
渦巻き状のユニークなデザインは、名建築家フランク・ロイド・ライトの手によるもの。
中はもちろんのこと、外観も工事用の布に覆われて見られなかった。

というわけで「ニューヨーク・グッゲンハイム美術館展」は期待して出掛けた。
会場は渋谷のBunkamuraザ・ミュージアム
Bunkamuraは私のお気に入りの場所で、
今回のザ・ミュージアムはもちろんのこと、
シアターコクーン、ル・シネマ、オーチャードホールなど、何度も足を運んでいる。
ただし、オーチャードの音響だけはどうしても好きになれないが。

さて膨大なコレクションの中からピックアップされた展示作品、
印象派から現代アートまでとはいうものの、ほとんどが20世紀の前衛的な作品で占められている。
いつものように音声ガイドを借りて会場を回った。
苦手の作品群も、ガイドを聴きながらじっくり鑑賞すると
だんだん理解できたような気分になるから不思議だ。
音声ガイドは一般向けだけでなく、子供向けのプログラムもあった。
高島彩がナレーションを担当しているという。
こっちを借りればよかったかな。

さて展示の目玉は、ピカソの「黄色い髪の女」。
本展のポスターにも使われている有名な絵だ。
さすがにこの作品の前では人だかりが出来ていた。
全体の印象としては散漫なイメージ。
現代アートが好き、関心がある、あるいはおもしろいと思う人でないと
1,500円は高いと感じるのではないか。

写真は入場口の案内嬢。

|

« やめられない、とまらない「茹で落花生」 | Main | ドラファンにあるまじき・・・ »

Comments

Way cool! Some extremely valid points! I appreciate you penning this write-up plus the rest of the site is also really good.

Posted by: undetectable hacks for multiple games | June 05, 2015 11:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1,500円は高いかも「グッゲンハイム美術館展」:

» グッゲンハイム美術館展のこと [単身赴任 杜の都STYLE]
この秋、東京では著名なアーティストの美術展がいくつも開催されていますね。ピカソが [Read More]

Tracked on October 03, 2004 08:51 AM

» 文化村グッゲンハイム美術館展 [りゃまのお芝居レビュー]
赤鬼の前に、グッゲンハイム展を見てきました。 せっかく渋谷まで出たんですから、い [Read More]

Tracked on October 16, 2004 07:49 PM

« やめられない、とまらない「茹で落花生」 | Main | ドラファンにあるまじき・・・ »